不遇の花詠み仙女は後宮の華となる

不遇の花詠み仙女は後宮の華となる

[完結][全年齢][中華風ファンタジー][推理][恋愛]

不遇の扱いを受けてきた花詠み仙女は妃となって、後宮を呪う鬼霊に立ち向かう
髙の山奥にある華仙一族の隠れ里に住むは、華仙術に秀でた者の証として花痣を持ち生まれた娘、華仙紅妍。
花痣を理由に虐げられる生活を送っていた紅妍だが、そこにやってきたのは髙の第四皇子、秀礼だった。
姉の代わりになった紅妍は秀礼と共に山を下りるが、連れて行かれたのは死してなお生に縋る鬼霊が巣くう宮城だった。
宮城に連れてこられた理由、それは帝を苦しめる禍を解き放つこと。
秀礼の依頼を受けた紅妍だが簡単には終わらず、後宮には様々な事件が起きる。
花が詠みあげる記憶を拾う『花詠み』と、鬼霊の魂を花に渡して祓う『花渡し』。
二つの華仙術を武器に、妃となった紅妍が謎を解き明かす。

アルファポリス】 【小説家になろう】 【エブリスタ】 【ノベマ!